宇宙まとめ!【惑星×謎×ビジネス】宇宙人が多数登場します。

望遠鏡

あなたは、宇宙のことを
どのくらい知っていますか?

 

2016年現在。
宇宙はまだまだ謎に包まれている。

天才と呼ばれる天文学者たちでさえも
大宇宙について
ほとんどのことを解明できていません。

 

 

様々な事柄には答えがあります。
なぜ、答えがあるのか?
それは先代の地球人たちが
答えを発見できたからです。

 

 

そもそも宇宙って何だろう?
いつ始まった?
いつ始まりが始まった?

 

この宇宙まとめ記事では
以下の3つのテーマについて
頻繁に記事を更新しています。

  1. 宇宙×惑星
  2. 宇宙×謎
  3. 宇宙×ビジネス

 

あなたの心の中でイメージを膨らませ
この答えなき宇宙に
あなたなりの答えを
創ってみてはいかがでしょうか。

 

宇宙×惑星

宇宙の惑星

宇宙には、
どのくらい惑星が存在するんだろう。
100個?
1,000個?

そんなものではありません。

もっともっと天文学的な数字。
桁が違います。
その中には
地球と似たような惑星もたくさんあります。

私達が存在している天の川銀河の中だけでも
生命が居住可能な惑星が
最低でも330億個以上存在しています。

 

そして銀河は
天の川銀河以外にもたくさん存在している。
参考:銀河とは何か?【銀河は宇宙にたくさん存在する。】

 

太陽系惑星について

太陽系の惑星
宇宙人(メル子さん作)
宇宙人(ありすんさん作)
宇宙人(捺己なつきさん作)
宇宙人(nagaimoさん作)
宇宙人(クリチサさん作)
宇宙人(瀬尾どらさん作)
宇宙人(ゼフィランサスさん作)
宇宙人(keikoさん作)
宇宙人(ちびころさん作)
宇宙人(korizonさん作)
宇宙人(parurunさん作)
宇宙人(ほうこさん作)
宇宙人(みなこっこさん作)

 

太陽系外惑星(太陽系惑星以外の惑星)について

系外惑星
宇宙人(広野りおさん作)
宇宙人(すりみさん作)
宇宙人(あいまゆらさん作)
宇宙人(ぶきようくんさん作)

 

その他

宇宙人(neccxoさん作)
宇宙人(あわたさん作)
宇宙人(OA1さん作)
宇宙人(ユリユキさん作)
宇宙人(古葉りつきさん作)

 

宇宙の謎や不思議

幻想的な宇宙

宇宙の果てはどうなっているのか?
宇宙は何でできている?
宇宙人はいるのか?

宇宙について考えだすと
キリがありません。

宇宙の始まりは
138億年前だということがわかっています。

しかし、
これは地球人が観測可能な範囲での話。

地球人が観測できる範囲には限界があります。
観測することができない宇宙については
地球人は何もわかっていないのです。

 

 

宇宙は謎だらけ。

宇宙人(NIKKYさん作)
宇宙人(蒼井流火さん作)
宇宙人(みさきんさん作)
宇宙人(enjuさん作)
宇宙人(ぐぐちゃんさん作)
宇宙人(あくびままさん作)
宇宙人(kohaluさん作)
宇宙人(masakodeguさん作)
宇宙人(nepinepochiさん作)

 

宇宙×ビジネス

宇宙へ

「宇宙ビジネスで起業する」
そんなこという人は、
これまでほとんどいなかった。

今までは
民間人が宇宙ビジネスで起業することは
法律的にも厳しい時代だったからです。

宇宙は国のものでした。

しかし、2015年11月にアメリカで
2015年宇宙法」という法律が可決される
など
民間の宇宙ビジネス参入の壁が
どんどん低くなってきています。

2016年。日本でも、
民間の宇宙ビジネスを促進する動きが
高まってきています。

この宇宙まとめ記事では
既に存在する宇宙ビジネスや
これから生まれそうな宇宙ビジネスなど
様々な記事を更新しています。

 

宇宙ビジネスに挑戦してみたいと考えている方に
素敵なアイデアが降ってきますように。

宇宙人(NIKKYさん作)
宇宙人(遠藤友さん作)
宇宙人(simplestyleさん作)
宇宙人(Mayuko Michiokaさん作)
宇宙人(にとらかぼちゃさん作)
宇宙人(ema_eriさん作)
宇宙人(chappsさん作)
宇宙人(下地 明代さん作)
宇宙人(佐藤はるかさん作)
宇宙人(城ヶ崎琉軌さん作)
宇宙人(たすけぴさん作)
宇宙人(まつきあやひさん作)

 

最後に

マイク

宇宙ってなんでしょうね。

個人的には
「心が深く関係している」
と考えています。

宇宙はものすごく大きくて
どこまでもどこまでも
遠く続いているイメージですが
実はそのイメージしている心そのものが
宇宙なんじゃないかな。
って最近は考えています。

人によって感じている世界は違う。
だから世界の大きさや広さも人それぞれ。

 

これが宇宙に対する、現在の私の考え方です。